支援してくれる人

支援してくれる人をお金欲しい掲示板で探して学んだパトロンの作り方
 エッチしないパパ=支援してくれる人と出会いたい!
不景気だから、絶対考えちゃうことなんです。
この考え、全然悪くないことだと思うんです。
だって、どれだけ努力したってお金を手に出来ない時代なのですから。
ただ、貧困と戦うだけなんてバカらしいのです。
お金を持っている人がいて、デートしたいと思っているのです。
支払ってもデートしたいと思っているのです。
そういう男性からお金をサポートして貰うの悪いことじゃないんです。
26歳のOLの私、本格的に支援してくれる人と出会うことを誓ってしまった状態でした。

 真っ先に考えた方法なのですが、今思うと最悪だったと思います。
Twitterって気楽じゃないですか。
利用者も凄く多くいるし、匿名性も高いし無料なのです。
支援してくれる人と出会う場所って最高だって思っちゃったんです。
そのままのアカウントはさすがに使えません。
だから新しくアカウントを作って、パパを探していくことにしたんです。
ツイートしていけば、沢山の人に見てもらえます。
お金持ちから連絡が来てデートのお誘い。
変な想像が膨らんじゃっていました。

 Twitterで募集した結果は?
もう最低。
もう最悪。
冷やかししかやってこないってアリなんでしょうか?
どんだけ暇な奴らが多いんだよって感じでした。
結果は残せなかったのです。

 この失敗を反省に、ネットで検索して出会い方を勉強。
直ぐ出会い系アプリに登録した私です。
こちらは、冷やかしなし。
安心した募集を継続することになりました。
この継続がとても大切なものでした。
ずっと募集をした結果、支援してくれる人からの連絡が到着しました。

 面接だけでも、万札が一枚支払われ、数日後には食事デートの約束でした。
フレンチのフルコース、ヤバいぐらい美味しくて震えました。
そして待望のお手当3万円が私のものになったのです。
お金を助けます
愛人募集掲示板
お金とセックス